2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

釣竿ハイブリッドANT の運用開始

春先から気が向くままに試していた自称、釣竿ハイブリッドANT(釣竿+Hi-QスクリュードライバーANT)での運用を開始しました。最終的にエレメント長は6.5mと短くなりました。Hi-Q本体の長さを加えても7.5m弱の長さです。通常の釣竿ANTは常時上がっているので(立掛けてあるので)、80m用は夕方上げて朝降ろすこととし、取り回し優先にしました。40mでも試していましたがどうしてもデップが甘くSWRが下がらないので80m専用にしました。

ベランダから釣竿での80mDXは相当難易度が高く総QSO282局で110Eを達成してからは力が抜けて80mDXは避けていました。この春に何か効率の良いANTはないかとググッていたら、たまたまお蔵入りしていたスクリュードライバーとの組み合わせの記事がありATUとどちらが効率が良いか試したくなりました。昨日はA3と今日はKH8とQSOした感じや、昨晩、75mで聞こえたHPのSSB、今朝のグレーラインを過ぎたEUを聞いた感じではエレメント長10mの釣竿+ATUよりも少し良く聞こえるような感じです。最近は早朝にはQRV出来ないのでウラル山脈越えは一段と難しいかもしれませんがシーズンに数回は会えそうなビッグオープン時に私にとっては感激のウラル山脈超えをと期待しています。

FT4TA 15m RTTY

昨晩、何とかQSOすることが出来ました。彼此1時間半位、間引きで呼んでいました。私のQSOの後には呼んでいるJAは殆ど聞こえませんでしたので、定位置のJAでは最後尾のようでした。釣竿と140Wでは何時ものことなので、無理せず、焦らず、諦めず、のスタンスで気楽に構えていたのが良かったようです。念願のCWとデジタルでQSOできほっとしています。

偶然 FT4TA 17m CW

超偶然にQSO出来ていました。昨晩の19時頃から17mのCWを聞いていました。だんだんと釣竿でも聞こえて来ましたがとても無理な気配で早々に諦めモードになりました。でもWWのスポットにも挙がってないしチャンスではと聞いてはいました。JAのビッグガンは軽々QSOしていました。20時頃に突然聞こえなくなったので、休日の家事手伝いであるゴミ出しのため無線機を離れました。10数分後に戻ってきて聞いてみると、何とSを振って強力に聞こえていました。この強さであれば釣竿でも完全に届くはずと直ぐに参戦、サブ受信機で拾っている周波数を確認しながらほんの少しづらして呼んでいたら直ぐに応答がありました。ここまではやったーと良かったのですが、何時まで経っても自分のコールを打ちません、且つSはメーターをガンガン振って強く、その内JAからNO NOとパイレートだとのコール、そして止めは数分後に突然聞こえなくなりました。一度もFT4TAのコールを聞かずに終わったことになりました。当然これはパイレートだと信じて疑いませんでした。

今朝になってもログを確認することさえ忘れていました。明日から3日は仕事なのでQSOの可能性のある時間とバンドは何処かとFT4TAのログのJAとのパスを見ていました。その内ふと思い出し、全く期待しないで自分のコールを入れると、なんとQSO出来ていました。こんなことがあるのでしょうか、長いこと釣竿で苦労しているので誰かがプレゼントしてくれたみたいです。

プチ旅行

台風に向かって八ヶ岳の山麓にプチ旅行に行ってきました。初日は曇り翌日は快晴でした。
Dscn0089s小海線の野辺山駅近くの踏切り待ちの時に車内からパチ

Dscn0116s清泉寮の牧場も貸しきり状態でした

今日は何とか届きました

今日は完全に出遅れました。聞き始めた16時過ぎには大パイルになっていました。ZD9XFの40mLPは今日も良く聞こえて来ました。多分、島の山を背にJAのLP方面に開けたところからQRVしているのだと思います。これだけ強ければ釣竿でも届いているはずとは思いましたが、平日なのに呼んでるJAが多くて皆強く聞こえるので、今日も無理な感じがしました。でも呼ばないことには届くわけないので、採り方の癖を知るべくサブ受信で聞いていました。ある周波数でしばらく採り、その後大きく離れて採るを繰り返しているようでしたので大きく離れて呼んでいましたが全くお呼びではありませんでした。子一時間すると強烈に強いJAは少なくなり、採っている周波数も殆ど動かなくなったので採った周波数から少し上で呼んでいたら応答がありました。久しぶりの40mでのNewで良かったです。大変なスキルを持ったNigel小父さんに大感謝です。

CQを発見するも玉砕

今日は午後3時頃より40mのLPでZD9XFを待ち伏せすることにしました。最初は7001KHz付近を中心に聞いていましたが何も聞こえませんでした。最近はワッチし続ける根気は無いので受信は7001KHz、送信はUp2で設定して、ながらをしながら聞いていました。すると3時半前にCQが聞こえて来ました、釣竿でもQ5でSメーターを振って聞こえて来ました。LPにしてはあまりにも強いので半信半疑でしたが直ぐに呼びましたがNG。まだ誰も呼んでいないようでしたのでチャンスとばかりまた呼びましたがNG。どうもUpを打っていないのでオンフレかと思いオンフレで呼ぶもNG。そうしたらUp1と打って来ました、そうかUp1だったのかと慌てて呼びましたが時既に遅しで他のJA局とQSO。ほんの1分ぐらいの間にWWにUpされ、はいそれまーでよになり玉砕して終わりました。今日は反省しきりです。Nigelo小父さんはUp1からを忘れていました。最近40mのSWRが粗1.0なのに今朝はSACで強く聞こえたOH0に届きませんでした。このところ釣竿ANTのエレメント長が7.5mなので10mに近づけないと効率が落ちてるのだと納得させています。

ZD9ZS 20m SSB

今日は出勤日でしたが早めに帰り夕方から聞くことが出来ました。殆ど聞かないSSBですが今日は気が向いたようでZD9ZSを聞きました。でもSは弱く、Qは1程度でノイズ以下でした。すると相当強いガサガサが聞こえるので呼んでいる局を聞くと、ローカルのOMが呼んでいました。約数キロ離れていますが+60dbでSは振り切れていました。30m位のタワーにフルサイズの4エレがLP用にこちらに向いてKWですから凄まじかったです。沢山の強い局が呼んでいましたが当然直ぐにQSO、感心しきりでした。その後30分位してからまた何気なく聞くと今度はSを振って聞こえて来ました。Up指定でしたが採っている周波数は同じで釣竿ではとても呼べる状況ではありませんでしたのでSSBでのサブ受信の按配はいかがかとサブを聞きながら採った周波数で呼ぶ局が途切れたと思われるタイミングで呼ぶと、何と応答がありました。全く予想外で驚きましたが相手がSを振ってきているAFにはこちらが届くことはあることなので納得しました。これでZD9とは30m、17m、20mとQSOできました。あとは40mとデジタルでQSOしたいですが格段に難易度が上がるので無理だと思います。

5T5DC LoTW CFM

今日、LoTWを見たらCFMされていました。LoTWで久しぶりの1upです。5T5DCは唯一の5Tで2008年3月に30mCWのLPでQSOしました。何と6年前のQSOでした。この時のブログを見るとたまたまフロッグでQSO出来たようですが、聞こえず飛ばずのアパマンベランダ釣竿ANTでのDXの状況が分かります。これでLoTWでは307/323(現存で305/321)となりました。LoTWで未CFMの16EにはJD1/mがあります。JARLも内向きのことばかりでなく世界中のDXe向けにJD1/mのペディションをやってくれないかなと勝手なことを言っています。

TY1AA 20m RTTY

今朝、20mで大変良く聞こえました。休日でもあり釣竿ANTにベアフットではとても無理そうな気配でした。その道のOMさんが次々にQSOして行きました。RTTYでは覿面に弱い局は完全に潰されるので誰も呼んでない所呼んでない所とさ迷いながら呼んでいました。偶然にも良く捕っていた周波数で誰も呼んでいなかったのでココだと気合を入れて呼ぶとビンゴで応答がありました。私にとって、西アフリカはなかなかデジタルでは繋がらないのですがTYは3局目のRTTYでした。

西アフリカといえば、9L、EL、3Xを中心にエボラ熱が猛威を振るっている最中にペディションとは命懸けのように見えますが大丈夫なんでしょうか。そちらのほうが心配になります。全員無事に帰還されることを望みます。

ZD9XF 30m CW

秋のDXシーズンに入ったようでZD9やTYが聞こえてきています。ZD9は唯一4年前に30mのLPでQSOしていたので、今回も30mのLP狙いで聞きました。外での用事を済ませて帰ってきたのが16時半ごろで、早速聞いて見ると既にスポットにも挙がっており、ご本尊もノイズ交じりでQSBもありましたがSを振って聞こえて来ました。強いだけ呼んでる局も多く採り方も不規則で全くお呼びではありませんでした。船の関係で10月上旬まで滞在するようなので最初は諦めようと、サブ受信やDNRを弄りながら、たまに呼んでいました。すると大分上の+5KHz位の局とQSOしたので更に少し上で呼ぶと、何かコールしてRPTを待っているようでした。丁度ノイズが多くてQが下がっていたのですが3回目ぐらいに何と私へのコールバックと分かり慌ててRPTを送りQSOできました。恥ずかしながら久しぶりのDXで耳がついて行かなかったようです。根気強いOPは何時も弱い局でも捕ってくれる信頼のNigel小父さんなので今回も拾ってもらえたようです。人間欲が出るもので1つでも他のバンドでもQSOしたいと思っています。

GJ0VNK 15m RTTY

昨晩の19時過ぎに15mRTTYでスポットにUpされましたが、台風騒ぎと強風で釣竿はベランダで横になっていたので、そのまま別の事をしていました。21時前に一段落したのでスポットを見ると、また挙がっていました。OPはDJ8NKでPJ7、VP2m、TU等のRTTYで拾ってもらっていました。何時も弱い釣竿の電波を捕ってもらっていたのと、15mのGJはNewなので、ひょとして今回も拾ってもらえるかもと、暗いベランダに行き釣竿を組み立てました。(正確には立て掛けました) 聞いて見るとQ5でよく聞こえました。でもオンフレなので無理かな思いながら呼ぶと一発で応答がありました。相当長い時間聞こえていたようで皆さん終わった後のようなのと、相変わらず耳が大変良いのでQSOできたみたいです。8月入ってやっと7局目のQSOでした、これを機会に秋型のお空になる事を期待しています。

V21ZG QSL

夏場は釣竿の出番は無いようです。7月のQSO数は18局でした。8月入りましたが未だQSOはありません。
この春QSOしたV21ZGのBabs小母様さんからQSLが届きました。毎年FBな処からデジタルでサービスして貰っています。今回は10mのRTTYと15mのPSK31でのQSOでした。V21zg

CR2WRTC 15m PSK

今朝7時過ぎに何気に15mのPSKを聞いていたら聞こえて来ました。当初はCTかなと思い聞いてると誰かがUpしたのでしょう、Loggerにバンドニューのカラーマークが付いていました。よくよく見るとCUなので慌てて呼びましたが、お呼びではありませんでした。すると直ぐにJAの局で最近よくPSKでUpする局長さんが呼び難なくQSO。この時からCUの局がビームを向けてくれたのでしょうか、信号が一段と強くなりました。チャンス到来と呼ぼうとした時にはJAのスポットにもUpされたのでこれは駄目かと思いながら呼ぶと応答がありました。間一髪でパイルになる前にQSOできました。

PSKを始めて12年目の今年の5月にやっとPSKでCUとQSOできたと思ったら、直ぐにまたCUとPSKとQSOできるとは、できる時はこんなもんなのでしょう。

FG5LA 15m RTTY

7月に入ってもQSOは殆どありません。CONDXは大変良いようですが釣竿にはもう一歩という感じです。昨晩は8時過ぎに散歩から帰り何気なくLoggerを立ち上げて見るとモードNewのマークが付いたFG5LAがUpされていました。これまた何気に聞いて見るとSを振ってQ5で聞こえて来ました。カリブのRTTYはこんなに強いとは昨年末のビッグオープンのよなサイクルピークの聞こえ方でした。でもTESTに参加しているようで慌てて調べるとDL RTTY TESTでした。#を送るのでマクロの入ったRTCLを立ち上げたら丁度WPXのマクロだったのでそのまま使うことにして呼ぶ体制にしたら、ローカルの有名な方が呼び始めました。その方はハイパワーにビームなので終わってから呼ぶことにしました。当然といえば当然ですがOMは早々に終わったので呼ぶと、あらまあ直ぐに応答がありました。#交換してTUも確認して目出度くFGの初デジタルをゲットすることができました。OMが直ぐにスポットに挙げたので駄目かと思いましたが各局が呼ぶ体制(#交換)ができる前に呼ぶことができたみたいで良かったです。アパマンハムになってから釣竿ANTでデジタルなんて無謀かなと思いながら始めましたが結構飛んで楽しめています。

VP2V/SP2FUD QSL

久しぶりに今月2度目のブログの更新ですが、QSOネタは相変わらずありません。
6月の上旬に出したSAEが戻って来ました。VP2Vでは初めてのRTTYでのQSOでした。何とか最後のほうで滑り込みました。
Sp2fud

PJ7RV QSL

最近はあまりQRVしていません。6月に入ってまだQSOは7Qの2局だけです。朝には短時間ですが聞いていますがあまり聞こえてきません。たまに呼んでも届きません。秋までは釣竿には厳しい状況が続きそうです。

今週になってOQRSでリクエストしたPJ7RVのQSLが早々に戻ってきました。MgrはJAのOMさんなので早いです。OPのNaoさんには本当にカリブでお世話になっています。こちらは釣竿の弱い電波で迷惑を掛けていますが根気よく拾ってもらっています。PJ7はCWでは1stでした。あの浜辺すれすれに大型ジェット旅客機が下りてくる有名なショットでFBなQSLカードです。
Pj7rv

KH9/KJ6GHN 15m PSK31

今朝の7時過ぎに、何となく15mのPSKを聞くとCQが聞こえて来ました。最近KH9からPSKにQRVしているのは知っていましたので、是非QSOしたいと思っていました。というのはKH9のPSKは約12年前にPSKを始めた頃とその2年後に同じ局と2度ほどQSOしていましたが、両方ともSAEが焦げ付きになっていました。今回のKJ6GHNHはFBなYLさんの様なのでCFM出来るのではと期待しています。信号は強烈でしたがスポットにも挙がってなく、またNAとのCNDXも悪かったようで私とのQSOの前後ともCQの連発でした。本当にPSKはアパマンハムでもDX気分を味わえる好きなモードです。

朝のハイバンドが好調です

朝は可能な限り5時55分ごろから6時15分位まで聞く事にしています。最近はこの時間のハイバンドが他の時間は良く分かりませんがFBです。昨日の朝はGI4SNAと17mRTTYで繋がりました。GIの17mはBand Newでした。今日は15mRTTYでW1AW/0 SD、EA9IBとQSOできました。何れの局も強く釣竿でもSを振って良く聞こえました。相当CONDXが良かったようです。週末のWPX CWまで続けば楽しめるのですが、期待はしますがどうなりますか。

CU2AP 今朝はPSKで

今朝は送迎前の6時頃に15mのPSK63でCU2APがアップされていたので聞きましたが、聞こえませんでした。昨日は17mで多くのJAとQSOしていたのでひょっとしたら17mにQSYしたかもと17mのPSKを聞くとPSK63で強い局がき聞こえてきました。ドンピシャでCU2APのCQでした。慌てて呼ぶと直ぐに応答があり私の名前も送って来ました。PSKでは初めてなのでMMVARIのコール欄にコールを入れても名前は出てきません、名前はJoseさんと分かっていたのですが、PSK63は早いのと、直ぐに見つけて直ぐに応答ありで慌ててしまい名前の欄にインプット出来ずに終わってしまいました。名前をマクロでなく直接打って送ろうと、これまた慌ててMMVARIのTXオフを押してしまい送信出来ないままファイナルとなり、最後まで慌ててファイナルも送れず終わりました。老化現象で反射神経が落ちてるようです。私の後はCQの連発でした。PSKでは誰も呼ばなかったようでRTTYにQSYしたようです。でも無事にログインされていました。いやはや冷や汗もののQSOでした。
Cu2aplog

CU2AP 17m RTTY

今朝の6時過ぎに17mでPZがRRTYでスポットされていたので聞くと了解度が悪くとても呼べる状況ではありませんでした。直に家族の送迎のために離れ、戻ってきた7時過ぎに聞くと、聞こえてきたのはCU2APでした。少しQSBがありましたが信号は何時ものように強くSを振って聞こえました。CU2APとは昨年秋に20mのRTTYでQSOしておりL0TWでもCFM済でしたが、17mのCUはNewなので呼ぶと一時置いて応答がありました。強く聞こえてて誰も呼んでいなければ、釣竿でも簡単にQSO出来るという当然の話ではありますが、こんなことは滅多にありません。

«ローバンド用フロートバラン