2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

いよいよ始まりましたね

世界で最もレヤーな1つであるBS7からの運用が始まりました。約1日遅れでしたが順調なスタートではないでしょうか。私は朝型なので今早朝の20mのSSBで聞きましたが強いので空いてくればQSO出きるのではと思いました。だけど心配なのは事故とか天気が荒れて早期に撤退や、直ぐにNo JAでなかなか呼べないとか気がもめます。しかし1番は無事に全員が帰還する事ですのでそれを祈っています。

SU1KM とQSOできました

今朝も5時前にはTRCをON、40mでSP RTTY TESTを聞くがCONDXはあまり良くなく、ノイズが多目でした。20mを聞くとPSKでKH7やHZが良く入っておりいよいよ20mの朝に期待できるなと感じました。5時過ぎに30mのSU狙いでRTTYを聞き始めると直ぐに.1357でEUよりスポットあり、だけどまたJAではオフバンドだと.140台を聞くとなんとSU1KMがCQを出していました。直ぐにコールするとコールバックありあっさりとQSO出来ました。丁寧に6回もコールを繰り返しレポートをくれました。かなり弱く届いていたんでしょう。その後もCQを出していました、JAの何時も良く聞いてる局が何局がQSOしていました。数分後にはJAよりスポットが挙がりました。30分後位には.130台に下がったようです。SUは30mのBand Newで220WKDになり嬉しいです。

CQが聞こえたのですが

今朝も5時前には聞き始めました。期待の20mは相変わらずBFなCONDXで何も聞こえませんでした。40mもパットせず、30mのRTTYをSU狙いでワッチ。.1373でSU1KMのCQをキャッチ、EUが呼んでないのでEUとはオープンしてなかったのでしょうか。こういう時はチャンスなのですがいかんせんオフバンド、.1403で2度ほど呼びましたが、間に強いUAが出てたりしてまったくお呼びでなかったです。そのうち聞こえなくなりました。SUは30mではNewなので何時までQRVか知りませんがチャンスを待ちましょう。

釣竿アンテナ

今朝も5時から聞きましたがCONDXは今一でしたので釣竿アンテナの話です。私の釣竿アンテナは3代目です。最初と次のは2本で1000円の釣竿で使えるところは4m弱位しかなくエレメント長は5mでした、最初のは運良く?家族が風が強いので紐で留めてあるのを知らずローテーターを回したら根元から折れてご臨終しました。2代目は2本目に折れた一部を足して4m50位にしエレメントは6mになりました。現在使用中の3代目は80m、40mでもっと聞こえないかとブランドの5m強(最長7m)の竿に替えエレメントは約7.5mにしました。先端より1m位は垂らしてあります。アパマンを始めたころには40mでAFとQSOしたくてミニマルチのAPA40(40m専用)も使用していましたが、受信でS1位低く、飛びはどちらとも分からずの状態でしたので、聞こえない事には始まらないと釣竿アンテナに戻しました。現状でベランダアパマンハムのDXの中心である30m、20m、17mで安定して働いてくれています。

マナーがどうも

今朝も40mでHV0Aが大サービスしてくれましたが、私の順番はまだでした。聞いてるとしょっちゅうQRX EUを打っていました。指定無視はEUの方が酷いよとは聞いていましたが凄いのでしょうね。そのうち強力なビートを被せる局(信号の安定さからして多分JA)が出てきて暫く全くHVはマスクされてしまいました。どういう心境でやるのか全く理解できません。それではと30mのRTTYのSUを聞きに行ったら7割位復調出きました。しかしオンフレでJAではデジタルオフバンドで呼べません。なのにJAを代表するOM達が次々QSO、RTTYでは特に有名な方ばかりです。最近はあまり聞いてませんでしたがSUが1stなんて局ではありません。バンドプランも充分知ってるはずなのに。マナーってちょとした心の空きなんでしょうね。他人事ではないのでお互いに気をつけましょう。

Vladさん

今朝は6時前頃から30mのCONDXが上がってきました。UA4WHXのVladさんが5Hより聞こえました。Vladさんとは相性がよく南太平洋ツアーからだと40回以上QSOしています。独特の光?キーイングが特長で直ぐ分かり、とても愛嬌があります。何時も耳がとても良く弱い私の電波も捕まえてくれます。また0.3KHzUpを良く聞いてくれます。今日もこのパターンでQSO出来ました。だから未だQSLは0ですが聞こえるとQSOしちゃいます。せかせかせず気長に待ってます。いよいよ今週末からBS7がスタートするようですが弱い弱い釣竿アンテナDXerとしては始まる前から弱気になってます。で次のペディションはBYの経済発展=ハム人口増に見合って直ぐにあるのではと期待し、QSO出来なかった時の心の準備を始めています。

昨年より悪いかも

アパマンハムのメインはやはり20mです。昨年の4月には早朝の20mでZD8、T5、TR、EA8等とQSO出きていますが今年の4月の早朝は未だQSO実績はありません。これってアパマン釣竿アンテナでシコシコやってる私とってはとても厳しいです。それで苦労のより多いローバンドを聞くことが増えてるのでしょう。今朝も5時ごろ40mでR1FJTを聞いていましたが呼べる強さにはならず20分ぐらいで私のとこでは聞こえなくなりました。根競べが何時まで続くのでしょうか。早く20mの朝のCONDXが上がらないかなぁ~。

月曜の朝は

日本の月曜日の朝はEU、AFは日曜日の夜でどうも家庭サービスやTV観賞?でQRVは少なめです。40mのPSKもCWも空いてました。30mでよく聞こえていたS5とQSOし40mにもどるとHV0AがCWで強く入感、JA JAとサービスしてくれましたが私にはサービスはありませんでした。?KWにビームの人が今日の出番で1KWにビームの人も取れていない状況でした。1WEEK以上続けて出てくれないと私には順番が廻ってきません。

期待したけど

今朝は、TARA PSK TESTなので40mでEUとQSOをしようと4時前には起きTRCをON、しかしめちゃ強い局はいるがUゾーン以外はあまり聞こえなかった。あまり呼ぶ気もせず昨晩20mで頑張っていたOKの局にサービスしてCWへ、こちらも私の釣竿アンテナではパットせずIOTAサービスのOHの局とQSO、相手は強かったがやっと捕ってもらった。30mのOHのIOTAサービスの局にいたっては599で入っているのにいくら読んでも応答なし、JAの強い局は一発で、普通の局は2~3回で応答があったので我がアンテナでは相当弱いのでしょう。こんなんでDXやっていいのかと自己嫌悪に陥りました。だけど相手も相当酷い耳にリニアー付きの変な局だと思いました。そうこうしていたら最近アクテビティの高いHV0Aが40mのRTTYに出てきました。EUとのオープン戦でJAのDXerも苦戦、参加する事に意義がありで数回呼んだ後に今朝は早めに朝の日課でTRCをOFF。再び7時ごろ40mと30mを聞くとスポットにはQSOしたいZ2、MDやR1FらがアップされていましたがMDが少し聞こえたぐらいでそれもとても無理だと早々に切り上げました。週末は耳の良いDXerが多くスポットは大幅に値引かないといけません。身を弁えてマイペースでいきましょう。

深夜帰宅

昨日は久しぶりに夜中の電車で都心より帰った。人が多いのでびっくり、朝のラッシュより電車は混んでました。私の朝は時差通勤なので本当の朝のラッシュより空いているんでしょうけど。てなわけで今朝は6時頃に起きました。スポットに挙がっていたRTTYのR1やFMを聞いてみましたが私のところでは解読不能でした。特にカリブ方面は16階の建物を背負っているのでよっぽどの伝播でないと難しいです。今日はTARAのPSKコンテスがあるのでちょっと覗いてみようと思っています。

コンスタントに聞くけど

今朝も5時に起きてしまう。眠たいがTRCをON、アパマンハムでコツコツをDXを追っかけるには最もいいのがコンスタントに聞くことが一番です。犬も歩けばが一番だと思っています。でもそうそう何時も美味くは行きません。今日も40mのRTTYでずっとR1FJTの周波数を聞いていましたが私には1~2割しか解読できません。これではとても呼べないので聞きながらどうしたら解読率が上がるか、IFVBTやAIP、NOTCHやRFレベルと色々組み合わせいじってみましたが皆今一で今まで通りIFVBTを再生一杯まで絞る方法に結局は落ち着きました。細く長くやっていきまぁ~す。

天気と同じ

今朝も定刻近くにTRCをON、天気と同じようにあまりパットしないCONDXでした。40mで何時ものR1FJTは私の釣竿アンテナでは聞こえませんでした。釣竿アンテナの今年の40mWKD目標はプラス5の190で現在リーチがかかっています。そこで聞こえればQSOできそうなEA、ZSを狙ってますが今日は出ていなかったみたいです。昨年の4月の状況と比較してみるとAFは同じぐらいですが、昨年は中米と何局かQSOしていますが今年は0です。今年の今ごろが太陽活動の底なんでしょうかね。天気の回復とSSNの回復を頼みますよ。

相手がアクティブなら何時は

今日も懲りずに5時過ぎにTRCをON、40mのPSKで俯瞰ワッチ、1番強く入っていたEXとQSO、EXももとはUゾーンですが他はUゾーンばかり。SSNは0だけど空の状態は悪くわないとCWを聞くがDLや9M6がポツポツだが強い、そうこうしてたら3B8MMが聞こえてきた。今日は強い589だ。最近の私にとってのパイロット的な局ですが今日が1番強い。上下少しヅラして聞いているので少し上で拾ってもらえました。2年越し3回目のQSOでした。その後直ぐにJAからスポットされました。日課の途中6時半頃にちょっとだけ聞けましたが40mでZSが強く入っていました。何時もの局とは違いましたがZSとは未交信ですので今後が楽しみです。

新着QSL 5V7SE

今日仕事から帰ったら着いていました。3月上旬の朝方7時過ぎに20mのRTTYでQSOしました。私の釣竿アンテナでは2日位しか聞こえなかった局で運良く2日目の最後のほうで拾ってもらえました。諦めていたのでCALL BACKがあった時に驚いたのを覚えています。たまたま空いていたのでしょうか。5VはMixed Newで大変嬉しいです。何時も決められた時間に出来るだけ毎日聞くことを心がけていますので、ほかのDX局もこの時間帯に頼みますよ。聞こえるわけないんだけどお願いしま~す。

相性もあります

今朝も5時過ぎにTRCをON、40mの下のほうでR1FJTがFBに入感していました。しかしEUの壁が厚くQSO出来ませんでした。5時半頃過ぎにはCONDXが落ち私の釣竿アンテナではQRK3程度のまでになってしまいました。その後RTTYに出たので聞きましたがノイズぽっくほとんど聞こえませんでした。30mでMixed NewのJ5がUpされていたので聞いていましたが全く入感ありませんでした。J5は最近ペディが多く聞こえる時もありますがどうも相性が良くないみたいです。まぁ何時か出来るでしょう。

昨晩は20mCWでR1FJMとQSO出きました。殆どオンフレでしたので何時もの0.3KhzUpで呼びましたが私よりさらに0.3KHzUpで呼んだUAの局とQSO、上には上がいるもんだと感心しました。直ぐにその周波数で私もQSO出来ました。常に柔軟に対応することが必要だと痛感した次第です。だけどほんとにR1FJTの40mは相性良くないです。

現役です TRIO AT-200

今朝も5時前から40m、30mを聞きましたがパットしませんでしたので、約25年現役のTRCとANTを結んでいるAT-200の話です。私の送信系は TS-950SD -> CMF -> AT-200 -> (CMF)SG230 -> 釣竿ANT(SW 7m)になっています。ここでAT-200は大活躍で、エレメントの長さの関係で12mと10mがSWRが2以上で高くこの時にAT-200でSWRを1.1に出来ます。AT-200にはWARCバンドはありませんが近くのバンド(12mの場合は15m)でなんら問題なく働きます。もとのコイルは1つでタップの位置を変えてバンド切り替えしてるだけですから当然ですけど。またたまにローバンドでは長さが足りずに動作が不安定になりSWRが下がらなかったりふらついたりしますがこの時もAT-200経由で同調を取ると綺麗に下がり安定します。QSO実績からしてパワーもあまり落ちずにATUへ送り込まれているようです。 当初は内臓ATUも試しましたが同調が取れないかパワーがダウンしてしまいました。何故TRCの内臓ATUでは美味く同調が取れないのかは、内臓ATUの出力インピーダンスは大体20~150Ωであり、AT-200は一般的MTU同様に10~500Ωまでありこの差が利いているのです。他のリグを含め私は内臓ATUは使わずMTUをもっぱら使っています。AT-200は旧いですがしっかりとした造りで現役で活躍してくれてとても愛着のある機器です。

毎朝1局を目標に

今朝も5時過ぎにTRCをON、例によって40mのPSKでCONDXのチェック、全体に弱いです。シシリー島へのIの移動局がFBに入っており何度か呼ぶも自国のIとのQSOが多く拾ってもらえず。もういいやと思ったら突然CALL BAUCKありQSO出来ました。IとかSVは局数も多いようでよく出来ます。CWはコンテスト中でしたのであまり聞かず30mにQSYしました。EIが結構な強さで入感していましたがオンフレ+-0.2では日曜の朝と重なり出番はありませんでした。

昨晩20mのPSKで3年ぶりにA5とQSO、日本人の方で最近よくスポットに挙がっていた局で需要を満たしたのでしょうか、あまり呼ぶ人がいなくCQの連発でした。最近はDXペディでもPSKはよく出てきますし、何時も言っていますがアパマンハムにはお勧めのモードです。

PSKのWFの活用

今朝も体内時計で5時に起き早速TRCをオン。40mのコンデションを知るのにPSKでWF(ウオーターフォール、バンドスコープのように通常SSBモードで約2.5KHZ幅、PSKは帯域幅31Hzなので分かりやすい、滝のように落ちていくのでWFという)を見ます。EUではJA以上にPSKが盛んで一発でコンデションが掴めて大変便利です。またRTTYを含めてQSOするチャンスもあり一石二鳥です。Logger32で40mのデジタル(RTTY+PSK)をチェックすると81WKDです。CWではまだ未交信のところも10位あります。アパマンハムには是非お勧めのモードです。

今朝は今一でした。40mのCWでSV9を呼びましたが振られ、30mを聞いていたら同じSV9が出てきましたがまた振られました。相性というのもありますからのんびり行きましょう。聞いてたらオーナーロールの人も出来なかったし変に安心した朝でした。

HV0A とQSOできました

今日仕事から帰るとXT2Cのカードが届いていました。直ぐに夕食を取り、カードの整理をしようとPCをオンしスポットを見ると17mでHV0Aが挙がっていた。どうせこの時間のLPだと聞こえないんだよねと思いながらも風が強いので何時もの半分以下の角度で釣竿アンテナを振り出しTRCをオンして聞くとなんと聞こえる。こうなったら釣竿が折れてもいいやと思い(安いので)何時もの定角度に、長いQSBあるもよく聞こえる。上へ下へと空いてそうなところで呼ぶがかすりもしない。そのうちSPの聞こえ方に変ったように強くなり始めました。あまり上下に動かないので少し上の空いてる所に居座り、呼ぶこと数回、ついにコールバックあり無事599の交換、いつもそうですが599TUを打ってTUが帰ってきた時の喜びはなんともいえません。約40分掛りましたが、1時間以上呼ぶ時もざらにありますので、この強さなら釣竿アンテナでも必ず届いていると信じていました。HVはMixed Newで大変嬉しいです。これでベランダの釣竿アンテナで293WKDになりました。300までの道は遠いですが細く長くやっていきます。

厳しさ続く

まだ花粉症で調子が悪い。無線も同じで調子が悪い、いやはやアパマンハムの宿命か。今朝は遅く5時半過ぎに起きて聞きました。40mのPSKでEAが強く入っていましたが空振り、30mの3Xはノイズ気味で我が釣竿アンテナでは449位で信号がアップしてきた時に呼ぶけどかすりもせず。早々に朝の日課でTRCをオフ。7時頃にまた聞くがどうもパットせず、12mのCWでN8Sがアップされていたので聞くと良く入っている。これは直ぐQSO出来ました。N8Sのオペレーションテクは優れていますね。本当にスカットします。いつのまにか4モードで16QSOしていました。BS7もこんな感じでいってもらいたいです。

今朝も坊主

今朝は5時前に起きTRCをON、最近40mでパイロット的な3B8MMを聞くが昨日よりさらに信号は弱い、相変わらずYUの記念局はめちゃ強い。例によってPSKをワッチ、EUの近場は入感している、3局ほど呼んだが全て振られました。EUはPSKが盛んでQRMが多いのでそれでかなと身勝手に解釈。すると画面の上でRTTYが出没、聞いてみるとR1FJTとQSOするIの局でした。私にはR1FJTは全く聞こえずでした。すぐにJA2とJA4のトップDXerがQSO、すごすぎで唖然としました。暫く聞いていましたが殆ど聞こえず、今朝は終わりました。朝は3日も坊主が続いています。

6時からは家事優先

今朝は5時20分頃にTRCをオン、40mの3B8MMを聞いてると昨日よりCONDXは若干悪い状況でした。YU6の記念局がやたらと強かったです。EAがスポットに挙がりましたが私の釣竿アンテナでは聞こえませんでした。30mもパットせず6時少し前にオフしました。6時からは日課の家事をこなし朝食を摂りますのでMixed New以外は無線は後回しです。今日は6時すぎから30mのRTTYでDXがFBだったようで、7時過ぎに聞きましたが私のところではノイズっぽくて分かりませんでした。朝早くの20mのCONDXが上がると良いのですが今朝も20mは良くありませんでした。N8Sのログでやっと80mが載り一安心しました。これでやっとこさ51WKDになりました。夢の5BDXCCの先は長いです。7mのSW+ATUでは80mは無謀ですのでアンテナをなんとかしなくてはと考えています。近く実験する同軸モノポールの結果次第で応用しようかなと思っています。

今朝は呼べず

今朝も5時にTRCをON、40mのPSKでコンデションをチェック、EUが良く入っているが奥の方は私の釣竿アンテナではQSO相手のOEも見えない。CWでは3B8MMが弱いながらも安定して入っていたがほんの少しエコーぎみで自信を持って届かない聞こえ方なので呼びませんでした。30mもパットせず何時もの6時前に今朝は終わりました。昨晩は花見から帰りやはりログに載っていなかったN8Sの80mとQSO出来ました。よかったです。今度はちゃんと載ってくださいよ。おまけで40mのSSBも数分後にQSO出来ました。17mのRTTYはだぶってログに載ってるのですが1つはPSKではないかな~、今日帰ったら他の人のPSKのQSOも見せてもらい確認します。

北極圏は苦手

昨夕、20mのRTTY TESTでOXが良く入っていたがオンフレで惨敗しました。相手は全てJAでしたからデジタルでは弱い局は完璧に潰されるの改めて実感しました。それは呼んでるJAを見ててもよくわかります。今朝も40mのCWでRIFJTを呼びましたが惨敗です。どうも北極圏が苦手です。近くの高層マンションが北極方向なんです。気分転換に40mのPSKでSVとQSOしCWに戻ると5Z4/9A3Aが強力に入感しておりオンフレで1CALLでQSO出来ました。AFのSPは大好きです。今日はこれから長野の高遠に桜を見に見に行ってきます。

狙いは外れたけど

今朝はHV0A狙いで4時半にはTRCをオン、早速40mのRTTYを聞くがなんとコンテスト中、EA RTTY TESTでした。これでは出てくるはずもなくCWを聞くが今一、かろうじて3B8がかすかすで聞こえるがとても呼べる強さではなく30mにQSYしました。ここでもRTTYバンドをPSKのソフトで広角ワッチこれはお勧めで2KHzぐらいをバンドスコープがごとく見ながらワッチできます。しかし何も見えず。電離層のコンデションは悪くないのにと思っていたら9Q1Dがスポットされ聞くとQRSながら充分QRKあり徐々にSも上がってきてる。1KHzUpを拾っていたのでQRSであることは混信が苦手と思い何時もより離して2KHzUpで呼ぶと応答ありQSO出来ました。9Qはバンド、モードNEWで嬉しいです。昨晩は40mのSSBで中米が強く入っていたのでPSKをワッチしていたら突然RTTYでN8SがCQ、PSKソフトでのRTTYはAFSKですがオンフレで直ぐQSOできました。狙いは違うけど結果オーライでした。

良く聞こえただけです

今朝は寝坊しました。5時半にTRCをオン、どういう訳か40mのSSBにセットされていました。ガンと入ってるのがEU、その強さに驚きました。SSBでDXする局は最低KWにビームなんでしょうね。すると40mRTTYでHV0Aがアップされ、早々聞くとこれまた強い、また呼んでるJAは名だたるDXerが目白押し、KWにビームの局でも取れてない状況、だけど習性で何度か呼ぶが釣竿アンテナではまるでお呼びでない。CQを捕まえないと、だけどそんな根気はないし。ペディをやってくれないととても無理です。週末の朝に良い音楽を聞いたと満足しました。

N8S 80m出来たみたい

昨晩は家の者を送って帰ってきたのが23時頃でした。毎朝早いので眠たかったのですがもしかしてとTRCをオン、80mを聞くとN8SがFBに聞こえる。エコーが殆どかからずこの聞こえ方は届く聞こえ方(これも経験的に釣竿アンテナのベアフットでも届く可能性高い聞こえ方)だと早速送信周波数を探す。10分位粘り拾っているすぐ上で(今回は0.3KHz以上)コール、JA1XPまでは直ぐとってもらえたがHが駄目で必死にXPHを送るがどうも私にはTに聞こえるがTUになってしまった。どうも私の上から呼び倒していた局がいたようです。スマートなマナーの良いDXingをお互いにしましょう。このペディ中にLOGが見れるらしいので確認してNGだったら後半にリターンマッチしましょう。今朝はさすがに起きられず6時頃ちょっと聞きましたがノイズっぽくあまり聞こえませんでした。

自然と早起き

DXペディがあると自然と早起きします。子供の頃の遠足の日の朝とかゴルフの朝は前の晩どんなに飲んでも遅くとも起きるってやつですね。N8S狙いで今朝は4時半に起き早速TRC、PCをオンすると40mCWでスポットがあり聞くとQSBあるも569位で経験的に出来る強さ、1回JA?があり直ぐに取ってもらえた。バンドNEWで嬉しい。昨晩はながらしながら約2時間呼んで駄目だったのに出来るときはこんなもんです。WWの20mのスポットにはWからCWで挙がっていて試しに聞いたらノイズレベルが低くQRK5でよく聞こえる。Wのスポット周波数の0.3KHzUP(私のアパマンハム推奨テクニック)で期待せず3回位読んだら応答ありやったねでした。でも5時過ぎるとコンデションは今一で今日はもう止めようかなと思った矢先の5時半過ぎにJAより20mRTTYにスポット、5秒以内にQSYし聞くと良く入っているUP4KHz位で団子になっていたので、何時もどおり一人旅のUP5.5KHzで呼ぶと2回ぐらいでCALL BACKあり、超嬉しかったです。今朝のコーヒーは一段と美味しかったです。Xは今日のは何時もと違うメーカーので不味いといってましたが、私には美味しく3杯も飲みました。あと80mが出来れば良いけど桁違いに難しいのでどうなりますか。

N8S RTTYでWKD

今日は朝早く出て夕刻には戻れた。早速N8Sを狙ってPCとTRCをオン、17mと20mのCWで強く入っている、17mで呼ぶもかすりもせず、20mへここでもかすらず初日は無理だと思ってたら17mのRTTYでスポット、聞くと再生出来ない、まさかのリバースでした。呼ぶ側のJAはリバースでなくノーマル、これってやりずらいのです。いつもボタン1つですむのが2つ押さないといけないので慣れるのは無理があります。呼んでるJAは2KUPで固まっているので1人3KUPで呼んでいたら突然CALL BACKが、有名局がずらっと呼んでる中でまさかと思い、焦って操作が美味く出来ない。レポートの送信ボタンだけを癖で押したものだからリバースで送信してしまい万事休す。かと思ったらTUあり絶対にレポート取れてるはずが無いのにまあいいか。でも17mはCWも出てたしリバースも怪しいし1時間位で引っ込んだみたいだしパイレートかもしれないです。パイレートでもパイルの中よくQSO出来ました、全体に強いのでまた繋がるでしょう。ビームアンテナと伍した我が可愛い釣竿アンテナには頭が下がります。ローバンドも頼みますよ。

0.3KHz

アパマンハムの経験的テクニックの1つに僅かに周波数をズラして呼びます。これはローバンドでは普通のようですがアパマンハムの場合はハイバンドでも効果があります。効果というか本当はオンフレでは潰されるのでそれを避けるという意味です。相手もQRMですと少しズラして聞く場合が結構あるようでゲットの確立が上がります。わたしは殆どこの呼び方です。今朝もVladさんの7Qが40mで6時ごろ強く入っていましたので0.3KHzUpで呼びましたらEU、JAの中パイルの中で1CALLでQSO出来ました。この時オンフレでは多分ビームとKW級の著名なDXerが呼んでいましたが先んじる事が出来、やったねと自己満足しました。40mの7Qも1stではなかったので気持ちに余裕があったのかもしれません。アパマンハムの経験的実戦的運用テクニックを少しづつ記述していこうと思います。

アパマンのローバンド

アパマンだとローバンドは難しいイメージがありますが、私の現在進行中の経験では逆にアパマンになってから初めて80mのDXを経験し、40mではAFとも30エンティティー弱の局とQSOが出来ています。一軒家の時は40mのインバーテッドVではEUの浅いところでも苦しかったですし、GPの時はIで長く出来ませんでした。この釣竿アンテナで40mの3Y/Pもゲット出来、WKDも188までになっています。80mはさすがに厳しですが、夢のウラル山脈越えも何局かあります。アパマンになり初めて80mのDXが出来感激しております。てなわけでローバンドDXでもアパマンの釣竿アンテナで楽しめる(実際はなかなか飛ばず苦しい時のほうが多いが)ので続けていられるのだと思います。

うれひ~ 3C0M CFM

昨年10月下旬にQSOした3C0MのQSLが着きました。20mのRTTYでMixed Newです。1週間弱ぐらい毎朝0645JSTより20mのRTTYに出て来ました。SPのコンデションも良く大変強く入感していました。4日目ぐらいにやっと順番が回ってきてかなり上に離れた周波数で拾ってもらえました。JAの20mRTTYでは306局とQSOしているようで多分どん尻の方でかろうじて滑り込んだみたいです。AFでは内戦や飢饉で大変な国が多い中で無線で浮かれてはいけないと思いますが、先の5A7Aに限らずペデが現地の人達に何かを残してくれていると思いを馳せています。これで釣竿アンテナDXCCが290/292になりました。今日もう1枚カードが着きました。PSKでQSOしたVP8DIZです。デジタルではNewでデジタルで200CFMになりこちらも大変嬉しいです。

的を絞らねば

最近は的を絞ってのワッチやQSOがなくマンネリ化しています。今朝も5時過ぎに一旦起きたのですがまた布団に潜ってしまいました。6時過ぎに起きましたが朝の仕事優先で瞬間TRCをオンしたらその周波数10.108ずばりに4Zの局が599で入感しておりQSOしました。しかし狙いが無いと今一力が入りません。もう直ぐ始まるKH8/Sの80m、40mとデジタルに目標を定めて頑張ります。

デジタルの勧め

アパマンハムになってから少しでもDXとのQSOのチャンスを広げようとRTTYとPSKを始めました。その昔、JASTAからの8ビットのパソコンのCバス(NECがDOSV規格でない独自のOSの時代のバス名)用のSSTVの基盤の頒布を受け部品を集め組み上げ、薄暗い白黒の画面で苦労して遊んだ思い出があり、その後TNCを持っていましたがパケットを見ていた程度で、デジタル系はめんどくさいのイメージが強かったのですが時代が進みサウンドカードがあれば後はソフトでのなんと便利な時代になりました。これなら老眼鏡が離せなくなった私でもできそうっと始めました。全てお手軽をモットーにインターフェースはテクニカルシャックの既製品を使用、ソフトはRTTYは世界的なMMTTY、PSKは始めは外国産でしたが今はMMTTYと同じ作者のMMVARIを使っています。当初アパマンハムではRTTYでは2WAYは無理かなと、私にとっては高価なATUがフルデューティーではパーになるのではないかと思いましたが、恐る恐る呼んだ1stQSOがA5で簡単に出来てしまいこれは面白いとなったわけです。PCがあれば簡単に出来るようになりQRV局も増えたといってもまだCWDXerの1割(各種ペディの結果を見ると)ぐらいでしょうから是非アパマンDXerはデジタルにQRVをお勧めします。RTTYはペディやコンテストでDXCC稼ぎに、PSKは突然珍局が出てきたりDXラグチューを楽しんだりと色々楽しめます。

日曜日は苦手

日曜日の朝は急にDXerが増えます。気後れして殆ど聞いてるだけになります。今朝は起きれず5時半過ぎにTRCをオン、その前に昨日の夜の強風でアンテナは大丈夫かベランダに出てチェック、これだけは直ぐに目の前でチェックできるのでアパマンの最も良い点です。コンデションは大変良く、30mでアイルランドのEIが強く入っていました。少し呼びましたがオンフレで日曜の朝では所詮無理で早々に退却し日課の朝の家の仕事をしました。コンデションは完全に夏型になり昨晩は17mと20mのPSK31でEUとQSOしました。PA、OH、HB、YLと平凡でしたが夏本番に近いです。15mも開けてるみたいですし朝の20mも楽しみです。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »