2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

目指すカリブは聞こえません

今朝はカリブは勿論USAも20mのPSKでは聞こえません。WWのスポットを見ると良く出ているのですがいかんせんCONDXにはかないません。連日TUが元気良く出ていてEU、USAそしてたまにJAと捌いています。AFの局が増えれば結構楽しめるんでしょうけど。

昨晩はJD1mから出ているJD1BMM(石原OM、JA6GXK)と20mのRTTYでQSOできました。前の日の40mのPSKでも世話になっています。RTTYではこの6年では初めてのJD1mです。世界的に見てもデジタルではレアーなようですのでおおいにサービスしてもらいたいですね。

TU5KC 20mPSK

今日は休日出張の代休でゆっくりとワッチ、CONDXはあまり良くないようす。20mPSKでカリブを呼ぶJAは聞こえるがご本尊はまったく聞こえませんでした。7時半頃ほかのことをやっていて戻ると強い局が聞こえる、TU5KCでした。最近出てきた局のようで、QRZ.comを見ると地元の局のようです。2,3日前にも聞こえていたので呼んで振られた局でした。今日は1stコールでQSOできました。TUはCW、RTTYはCFMしていますがPSKでは初めてです。新しい釣竿アンテナにしたらPSKには好まれているようです。狙いはカリブなのですが秋に期待します。

また来週は1週間出張なので出来たら今日TS-950SDをケンウッドサービスに持っていこうと思っています。私と一緒にもう少し働いてもらおうと思っています。

新着QSL 3B7SP CU1BP BS7H

昨晩遅く5日ぶりに出張から帰ってきました。暑い日が続いているのでバテ気味でしたがQSLが届いていたので瞬間疲れも忘れました。3B7はRTTYとPSKがNew、CUはデジタルNew、BS7はMixed Newでどのカードもとても新鮮でした。アパマンハムになってからデジタルを始めましたが、まだまだ相対的にはSSB、CW人口より少ないので結構アパマンハムでもチャンスがあります。アパマンハムを楽しむにはオールモード、オールバンドをお勧めします。

EI3GC SARTG RTTY TEST

昨晩、TV観賞の後に20mでSARTG RTTY TESTを覗くとなんと久しぶりにFB CONDXでした。こんなFBなCONDXは数年ぶりの感じでした。でもTRCがリリーフのFT847でAFSKでしたので被りが酷く相当強い局でないと復調できません。その中でEI3GCに拾ってもらえました。EIはデジタルでは1stで嬉しかったです。昨日の朝に30mで強く入っていたEI局には振られていましたのでなおさらでした。しかし久しぶりにRTTYのロギングソフトのRTCLを動かしましたがなんとログイン出来ず、いつまでたってもコンテストナンバーは001で唖然、その場では直せず後はOJ0の局とのQSOで終わりました。明日から土曜日まで出張なのでリグもソフトも先になってボチボチ直します。

R1FJT 20mPSK

昨夕、20mPSKをワッチしているとR1FJTのCQを発見、1stコールでQSO出来ました。R1FはRTTYではCFMしていますがPSKでは今までなかなかQSO出来なかったので嬉しいです。先日の9Jといい今まで追っかけていて出来なかったPSKの局とQSOでき再チャレンジの釣竿アンテナのスタートに満足しています。

今朝も20mPSKで中米を呼んでいるW3やW5の局が良く聞こえました、今まではビルを背負っていたので厳しかったですが今度はW、中米も期待できそうです。

9J2CA 20mPSK

昨晩、釣竿アンテナが復活し久しぶりにワッチをしました。リグもTS-950SDは入院待ちなのでこれまた久しぶりにFT-847です。でも幸いにインターフェースは設定(ジャンパー線等)を変えなくてもリグとの接続ケーブル替えるだけですんで簡単にデジタルに復帰できました。CONDXはあまり良くありませんでしたが、久しぶりの本格ワッチで嬉しくて20mのPSKを眺めていました。らなんと9J2CAが入感、昨年より15mのPSKで追いかけていて出来なかった局でしたが2~3度呼んでコールバックがありました。アパマン復活の最初の本格的DXでPSKでは始めての9JとのQSOで感激しました。9JはRTTYではWKDしていますがCFMはしていません、QSLマネージャーはG3SWHさんで100%QSLを発行してくれる方なのでさらにグーです。また好き者の生活が始まりそうです。だけどまた来週は1週間出張で無線は出来ません。メリハリをつけてしなさいということでしょうか。

釣竿アンテナ復活

ついに20mのSWRが下がりました。原因は80m、40mでATUを頻繁に使用したためにアルゴリズムが上の周波数では美味く働かなくなっていたみたいです。過去にも経験していたのでバンドを動かすことやフルデューティーで変わってくれないかと念じて動かしていたら20mでSWRが1.3位まで下がりました。一応30mから10mまでSWRは下がりました。40m、80mはATUを動かしていません。またアルゴリズムが狂うとやばいので暫く上のバンドで遊びます。

ラジエーターは最後の最後まで切らないでと粘ったかいがありました。少しでも長いほうがFBだとさんざん経験して来て実感していましたから(でも約1mは短くなり全長6.5m位です)。ラジアルは手摺をカウンターポーズとして使用(クーラーのアースと導通せず)、さらに20m用に5m、40m用に同軸線を使った7m弱(短縮率を考えると10m)のラジアルで落ち着きました。

近々写真をアップしますが、今度はほぼ垂直で、足場単管に差し込む方式です。打ち上げ角が下がり、今までは聞こえ辛かったカリブ方面にも良いかなと思い楽しみです。

まだ釣竿アンテナは安定せず

先週は1週間出張でアンテナいじりは出来ず。土日に少しいじりましたがまだ安定しません。一応無理矢理にはAF、EUには飛びましたがまだとても固定は出来ません。アースやカンターポーズを動かしていますがラジエーターに触らないと駄目みたいです。暑いのでなかなか進みません。今週は半分は休みなので少しいじってみます。

TS-950SDはSSB受信がNGで入院を決めました。ケンウッドは今週は夏休みですし、来週はまた私が1週間出張ですので何時持っていけるか分かりませんけど。今はFT-847をピンチヒッターで使っています。FT-847は終売になってしまいましたが小型ながらヤエスらしい無線機(感度先行でキンキンした)で好きです。でも我が家ではアパマン釣竿アンテナで250エンティテイの実績のある実力機です。久しぶりの通電をかねて使ってます。

アパマン再開苦戦中

ほぼ垂直の釣竿アンテナを上げました。でも取外し型でQRVの時にパイプに刺す方式です。アースはまだ取れていません。手摺を使ったカウンターポーズにしていますがうまく働いてないバンドがあります。本命の30mと20mがSWRが2位で下がりません。他のバンドはバッチリ1.2位でFBです。ラジエーターの長さは約50cm短くなりましたのでとりあえずいじらずに同軸の長さと、カウンターポーズの長さを調整して本命バンドのSWRを下げようと考えています。MTUを噛ませればSWRは1.2位にはなりますがパワーがアンテナ線から出ているか確信がもてません。何日か前に朝の20mでお馴染みのTU/がFBに入っていたので呼びましたがかすりもしませんでした。

再開に予定以上かっかっているのにはリグの故障?もあります。何とTS-950SDのSSBの受信が出来なくなっていました送信は出きるのですが。他のモードはFSKも含めOKなのに、リグは自家用車で運んだのですが機嫌が悪いのでしょうか。SSBは殆ど出ませんがPSKはメインなのでなんとかしたいのですが私の技術ではNGのようで入院を考えています。

追い討ちを掛けるように仕事ではこれから隔週で1週間単位の出張が2~3ヶ月あり一層再開テンポが遅れそうです。秋にはカリブで2Up以上を目標に完全再開を目指して頑張ります。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »