2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« TS7C 30mPSK | トップページ | どうも相性が? vs SU1KM PSK »

ATUが壊れそうになりました

今朝は5時前より聞きましたが80mは殆ど聞こえず、40mはA7EMがやたらと強く入っていましたが他はあまり聞こえませんでした。40mのPSKは賑わっていましたがEUの奥は聞こえませんでした。てなわけで早めにコーヒーブレイクをすませ、7時頃よりカリブを狙って20mのRTTYをワッチしていたら日本人OPのKP2/AE6XYのCQを発見、何時になく強いKP2で誰も呼んでないので楽勝かと思って呼ぶと何と自分のコールを送っている間にパタパタになりパワーが出たり出なかったりでどうにもなりません。それでもJAは誰も呼ばないのでパタ付きながら呼ぶもコールは当然ですが完全には捕ってもらえませんでした。原因は当初恐れていた約10m長による20mバンドではハーフラムダで電圧給電なっており唯一ATUでは避けなければいけないラジエーターの長さでやっていることです。そして雨で濡れて多少長めになって丁度RTTY周波数近辺でアウトになったのでしょう。特に過去にも経験していますがフルデュ-ティーになるRTTYは要注意です。釣竿アンテナが乾いてからチェックしてみます。でもその後30mのCWでKP2/W3AVOとはQSO出来ましたのでATUは壊れてなさそうですが、平日の朝にしては大分時間が掛かりました。80m、40m用と20m用のアンテナが別に必要なんでしょうね。でもそんなスペースも無いし美観上も不味いしモゴモゴ言ってます。

« TS7C 30mPSK | トップページ | どうも相性が? vs SU1KM PSK »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/298097/27279499

この記事へのトラックバック一覧です: ATUが壊れそうになりました:

« TS7C 30mPSK | トップページ | どうも相性が? vs SU1KM PSK »