2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« 個人輸入の落とし穴 | トップページ | MD0CCE 20m RTTY »

TS-950SDのFSK

一年半ぶりに今は予備機になっているTS-950SDを出してきました。秋から冬に向かって早朝にQRVできないと80mは厳しいのでその対策で置く場所を確保したので復帰となりました。となると冬場の40mのデジタルも捨てがたいのでRTTYとPSKも出れるようにと信頼できて使い慣れたテクニカルシャックのインターフェースDIF-3Sを購入。10年前に購入し今も現役でFT-2000に繋がっているDIF-3と回路は同じですがFSKのRTTY入力名がCWからRTTYになっていました。また前のは内部基板上のジャンパー線で設定が変更できたのですが今度のは配線済になっていました。リグを変えて使うにはジャンパー線の方が便利のように思いますが。私はFT-2000の前はTS-950SD、FT-747、TS-690で都度必要な設定変更をして使ってきましたから。シリアルはUSB変換で設定は全て問題なく終わりました。ところがPSK、AFSKは受信、送信ともOKでしたがFSKが送信できません。というかピロピロ信号は発生しているしSTBYもOKなのにパワーが出ません。設定を弄っても駄目、FT-2000に使用しているDIF-3に変えてもNG、EXTFSKの設定時にPTT弄ったらリレーがカチャカチャ音がしたのでその時に故障したかもといやな予感がしました。とりあえずネットでTS-950 FSK故障 でググッてみたらあらまぁ自分の過去ログが1ページ目に、そうでしたプロセッサーのアウト側のゲインを上げないとパワーが出なかったのです。情けなや忘れていました。でもこれは裏技でしょう、取説にも書いてないんですよね。(当時の高級機としては取説が稚拙で徹底解説集やサービスマニュアルが必要なんでしょうね)。20年前はSCでFSKなんて考えられなかったので対応してないのですが回路的に偶然対応しているのでしょうか。当時の開発設計者に聞いてみたいです。やれやれ復帰したのでよかったです。

« 個人輸入の落とし穴 | トップページ | MD0CCE 20m RTTY »

コメント

突然ですいません。お聞きしたい事があります。
RTTYについて
TS-690+DIF-3plusで運用してましたが、TS-690を修理に出したので代替機のTS-950Sに乗せ変えました。(裏のRTTY端子使用のケーブル改造して)ところがFSKでのRTTY運用で、MMTTYでの受信は正常(REV設定なし)だか、送信がREVになっていました。
TS-950SD側でREVの変更の方法について何か知っておられたら教えてほしい。

こんにちは
早速ですが、TS690の時はDIF3のFSK設定はリバースでしたがTS950SDの時はノーマルに設定しました。DIF3の中のFSKジャンパー線を差し替えました。無線機本体は両方共そのままです。今回購入した時には勝見さんからEXTFSK(USB接続の場合)の設定でInvFSKにチェックを入れるようにと説明がありましたが入れなくて正常に動いています。理論が分からず変な答えになっているかと思いますがご容赦ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/298097/41301170

この記事へのトラックバック一覧です: TS-950SDのFSK:

« 個人輸入の落とし穴 | トップページ | MD0CCE 20m RTTY »