2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« 聞こえず、呼べず、飛ばず の朝 | トップページ | PJ4C 15m&17m RTTY »

アンテナ周りの整備

もう2度と聞く事が出来ないかもしれないマルペロ対策として釣竿アンテナの周りを整備しました。カウンターポーズを5mx10本増やしました。これで今までの、80m用20m、40m用同軸8m、20m用5m3本、手摺りの計6本から合計16本に増えました。またATU直下のFT240+パッチンコアではパッチンコアを9ヶ増やし合計16ヶとしました。リグの切換SWにはD社の手動式からS社のリモコン式に変更、今まで共用していたリグ用CMFに性能に定評のあるS社のを加えました。今朝聞いてみるとCONDXが良く、さらに気のせいかもしれませんが80mと40mのノイズが下がりとても聞きやすくなりました。朝食後には30mで念願のHK0NAを聞く事が出来ました。LPのようで神秘的にすら聞こえました。とても呼べる聞こえ方では無いので呼びませんでしたが、今後に期待が持てました。アンテナ周りの整備に次いでリグ周りでの整備をしようと、ユーロ安に乗ってUKのBHIのサイトでポチしてしまいました。どうもリグ内臓のデジタルNRは旨く使いこなせないので試してみたくなりました。UKからは初めて直購入しましたがペディ本番に間に合うのか分かりません。あとACラインフィルターはオーディオマニアでも評判のNTTの技術を使ったK社のを試してみようと思っています。最後は釣竿にお神酒でお呪いですね。

« 聞こえず、呼べず、飛ばず の朝 | トップページ | PJ4C 15m&17m RTTY »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/298097/43763942

この記事へのトラックバック一覧です: アンテナ周りの整備:

« 聞こえず、呼べず、飛ばず の朝 | トップページ | PJ4C 15m&17m RTTY »