2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

久しぶりでしたが飛びません

最近は殆どリグに灯が入っていません。ログは16日で止まっています。今朝は久しぶりに朝食後から聞きました。30mで3C6Aが大変強く入っていましたので呼びましたが全く掠らず玉砕しました。聞いているパターンが良く掴めず上へ下へと大きく変えて呼びましたが駄目でした。どうも久しぶりで勘も悪かったみたいです。勘が少し戻ったかなと思ったらNA NAになり私も仕事に出かけるのでTRCをオフしました。3Cは20mでの1局だけなので30mでQSOしたいのですが週末なので難しそうです。

VK0TH CFM

昨年の12月にPSKで、今年の2月にRTTYでQSOしたVK0THのSASEが今日帰ってきました。VK0mはAll Newで嬉しいです。JE1LETさんがQSLmgrで16日に出して20日に着きました。全世界から相当数のSAEが来てると思いますがその速さに驚きました。本当に有難く感謝しています。VK0THはデジタルでのQRVが多いので釣竿ではCWよりデジタルのほうが可能性あると考えていましたがその通りになりました。CWでは一度聞こえたことがありましたがドパイルで全くお呼びではありませんでした。

アパマンでは飛ばなくて直ぐ飽きてしまうので何か新しいことをしようと始めたデジタルですが予想外にベアフットと釣竿でも飛ぶので驚いています。最近ではPJ4C、TO4M、HK0NA、HU2DXとデジタルで繋がっています。 飛ぶというか相対的にCWに比べまだQRV人口が少ないのでQSOできる確率があるのかもしれません。大型ペディも終ったので最近怠けている自称アパマンモードのPSKをゆっくりとワッチしてみようと思います。

防災グッズ VX-6

昨年の大震災以来、地震が多く大活動期に入っているようです。巷では震災グッズが街に溢れています。遅まきながら我が家でも避難場所の確認から始めましたが、幸運にも?住んでいる団地が広域避難場所になっていました。住んでる建物が崩壊しなければ、じっと動かず3日間生き抜けば何とかなりそうです。私の担当は、お湯を沸かす小型ストーブと情報収集になりました。ストーブは山用のが2ヶあるのでガスボンベを購入すればよい事に。情報収集となれば広帯域受信のハンディ機はまず必要かと思いロングセラーで取扱いが簡単なハンディ機と思われるVX-6を購入しました。決め手はCW受信練習が出きることでしたが。何と30年ぶりぐらいのハンディ機購入でした。当時より半分ぐらいの大きさで送信2バンドと広帯域受信は勿論、多機能で驚きです。ボタンが大きくて、操作が簡単な機種だとのことで購入しましたが、買って1週間ぐらい経っても未だメモリー機能も充分に使えません。何とか大地震が来る前にマスターしたいです。でも外出先、特に仕事で東京に出ていたときに大地震にあったら帰宅難民になりどうなるのか。考え付かないので風の流れに身を任せるしかないのでしょうね。

HU2DX 17m PSK

充分楽しませて頂いたマルペロ祭りも終わり、その後天気が悪かったり、気が抜けたりで無線機はオフ状態でした。天気も回復したので今朝は久しぶりに聞いてみました。でも早朝の部は起きられず朝食後からでした。40mで5Vが聞こえましたが猛烈なJAのパイルなので早々にQSY、特に目標もないのでPSKで各バンドを聞いていました。そしたらWからHU2DXが17mのPSKでUpされたので速攻で17mのPSKを聞くと高めの周波数でWの局がQSO中なのが聞こえました。直ぐに同じ周波数で呼ぶと応答がありました。私の後はJAの怒涛のパイルが始まりました。釣竿+ATUの瞬時にQSYが出きるメリットを生かすことが出来ました。YSのデジタルは珍しくPSKでは初めて聞きました。HU2DXとは15mRTTY、30mCWでも繋がっているので相性が良いみたいです。

思い出のCFM OH8WW 80m CW

昨年末に80mでQSOできたOH8WWからダイレクトでQSLが届きました。思い出のQSLはそんなに数は多くはないですが忘れられない一枚とになりました。ベアフットとベランダ釣竿アンテナ1本で無謀と思われる80mDXをシコシココツコツと苦節7年でDXCCを達成出来ました。40mでのDXが100を越えた頃からひょっとしたら80mでも出きるかなと、始めは気楽に考えていましたが、40mとは大違いで強く聞こえても殆ど届きませんでした。毎年改良したつもりの80m用の釣竿ANTでQRVしましたがはっきりとこれだというのが掴めませんでした。何年もやってればそのうちには出きるだろうとのいい加減さとウラル山脈を越えたときの感激、ベランダからでも5BDXCCができるんだとの思いで続けられたようです。でも今年になってからは殆ど80mは聞いていません。相当な飛ばない飛ばないのトラウマになっているようです。とりあえず80mは少し休んで新たな目標が出てきたら復活しようと思っています。

FBなペディが多いですね

HK0NAは終盤になってきました。今朝はRTTYでよく聞こえましたが、まだトップクラスが多数参加しているので玉砕しました。17mSSBの後、HK0NAには30mCWで何とか捕ってもらえました。またSSBで10mと20mでも繋がりました。SSBの方が多いなんて珍しいことです。山の上からはSSB中心なのでしょうか。

同時並行して他にもFBなペディが行われていて、飛ばないのに目移りだけはしています。一応狙いは持ってはいますが殆どその通りにはなりません。VP6Tは40m狙いでしたが、FBに聞こえるときは何時もEU、EUで呼べませんでした。TN2TはTNのRTTYが焦げ付いているのでRTTY狙いでしたが朝方一度だけ30mで遭遇しましたが玉砕しました。HU2DXもRTTY狙いですが玉砕中です。TO4MもこれまたRTTY狙いでしたが今朝無事に30mでQSO出来ました。JAのスポットに挙がった瞬間に滑り込みセーフでした。長く出ていながらアクティビティの高いC21HAはPSK狙いでしたが無事17mでQSO出来ました。C2のPSKは初めて聞きましたので珍しいのではないでしょうか。これだけFBなペディが同時期にあると目が回りそうとモゴモゴ言っています。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »