2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

しばらくQRTです

何時かは我が身にもと、恐れていた事になりました。ベランダから全ての物(クーラー室外機以外)を撤去しなければなりません。それも約4ヶ月間強、予定通り工事が進んで10月末まで鳥籠のなかでの生活になります。HK0mと7Oのペディが終了してくれていたのが不幸中の幸いでした。これから夏に向かい鳥籠に囲まれた生活で物理的にはもちろん気分的にはさらに暑くなりクーラー付けっぱなしになりそうです。節電どころではなくなりました。ストレスになるので暫くはDXNewsもスポットも見ないようにします。こうなった以上は良き充電期間として無線系ではリグをメンテに出したり、QSLの請求や整理、冬場の40m用の釣竿ANTの準備や不用品処分などをすることに。PC系では温度対策(夏場にCPU温度が上がりスピードダウン)をなんとかしないと。仕事は別にしても、家の手伝いを含めなんやかんやとやることは沢山ありそうです。

HK0NA QSL CFM

今日、外出から戻ってきたら届いていました。思いもよらずSSB、CW、RTTYでQSOでき、計5QSOがCFMされていました。大袈裟ですがDXの代名詞と言われるマルペロに敬意を表し、もう2度と聞く事が出来ないのではとの思いでANT周りを整備したので何とかQSOできたのだと勝手に思っています。釣竿ANTでは限界に近づいたタイミングで7Oと共に大変印象深い年になりました。FBなペディションに挑戦してくれるハム仲間に大いに感謝しています。

C6AJR 17m RTTY

先程QSOできました。最近は雨でない日は夕食後に30分程度ですが、散歩(約半分は軽いジョッキング)をしています。散歩から帰って、PCとTRCをオンすると17mのRTTYでC6AJRがスポットに挙がっていました。最近よくスポットに挙がりますがまともに聞こえたことが無いので今日も聞こえないのではと思いながら聞くと聞こえていました。でも呼んでる局は多いし、とても無理そうなので、お茶を飲みながら野球速報やニュースを見ながら呼んでいましたが全く掠りもしませんでした。かれこれ小一時間後に上のほうで呼んでQSOした局の後で呼んだら応答がありました。釣竿の150Wでは届くのは厳しそうと諦めかけていたところでしたし、その上C6のデジタルは1stでしたのでコールバックがあり大変嬉しかったです。

CQ6月号 ATU記事

今日、東京駅近くの会社にお邪魔するのに時間があったので丸の内の本屋で時間調整しました。早速CQ誌の6月号を読むとATUの特集記事がありました。この11年間はATUにお世話になりっぱなしなので、大変に親近感を感じました。なるほどなるほどと今までは実践感覚で飛ぶのはこうだと思っていたことを実験結果の記事で確認することができました。
全くその通りと感じたのはエレメント長は1/4λが最も良いこと。長い間エレメント長10mに拘っているのは40mDXへの願望で40mで最も輻射効率が高くなる長さを意識していました。つい最近はアルミパイプを一部使った7.3mなのでほぼ30mで最高効率になっていると思われます。カウンターポーズとしては1本長くても総本数が少ないと極めて効率が悪い実験結果になっていましたが、私の場合マルペロ以前までは長い20mと同軸7mを含め総本数6本でしたが、既存で311Eまで出来ているので実験結果と比較してそんなには効率は悪くなっかたと思います。現在はマルペロを契機にノイズ対策として5mを10本増やし計16本になっているので実験結果並みになっているとは思います。また記事にあるように1本のエレメントで全てのHFバンドをカバーするのは無理があるようで、これは実感どおりです。だましだまし全バンド出ていますが相当効率が悪いバンドがあるようです。2人の方が仰っているように2本のエレメントを同時に繋ぐ方式は未だやったことが無いので一度試そうと思っています。冬場は10mが登場するので秋までには5mで実験したいと思っています。

A52MA 12m RTTY

昨晩は何気なく12mのPSKをながらワッチしていました。すると上のほうでRTTYのピロピロが聞こえてきました。早速MMTTYを立ち上げ聞いてみるとA52MAを呼ぶローカル局が聞こえました。ご本尊はと聞いているとQSBがありますが呼べる強さで聞こえました。どこのスポットにも挙がっていなかったのですが聴いてる人はいるもので何局も呼んでいます。どうせ呼んでも無理そうなので先に道を譲り4局目位に空いてきたところで呼ぶと拾ってもらえました。アパマンになって始めたRTTYの1stQSOがA5でしたので何と11年ぶりのQSOでした。アパマンのRTTYでは飛ばないだろうと思っていたのに、ここまで続いているのも1stがA5だったからです。PSKでは40mを初め数局とQSOしているので、今回RTTYでQSOできてよかったです。

7O6T LoTW CFM

相変わらず無線交信は殆ど無く、ブログの更新もご無沙汰で今月は初めてです。今朝、LoTWを覗いたら7O6TとのQSOがCFMされていました。ビッグペディションでは相当早いUpで驚きましたが無事に5QSOが全てCFMされていて良かったです。全てCWでのQSOで下は30m、上は17m以上の4バンドでQSOできました。釣竿の分際で贅沢は言えませんがRTTYもQSOしたかったのですが残念ながらNGでした。ペディション頼みのDXなので次のFBなペディションを期待しながら懲りずにアンテナの整備を始めました。エレメントが古くて帯電しやすく(ピチピチ音がする状態が発生)なっているので、今度は一部アルミパイプを使用することを考えてシコシココツコツ試行錯誤中です。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »