2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

PC 夏場対策

現在主力PCは3年前に購入したBTOでMBはMSIの当時のハイエンドでCPUはAMDで4coreのphenom945です。来年以降W8になっても充分使える構成です。しかしながら昨年から夏場になるとコマ落ちや音切れが発生するので、一度は中を掃除しましたが、今年になって春先からゲームや写真・ビデオ編集などはやらないのに(やれないのに)その症状が出始めました。掃除だけでは厳しそうなのでCPUクーラーとケースファンを強化しようと近くにある東京では唯一のパソコン○房に持ち込み相談したら店長らしき人がPCの中を見てこれなら掃除だけで大丈夫で、500円でやりますとのこと。どうしてかというとケースのつくり・ファンは排気上問題ないし、カードは3枚(HDCP対応VC、デジタル通信用SC、TV)入っているがローエンド(性能いまいちの安物)でそんなに発熱しないのでとのこと。さらにとどめは掃除したつもりがCPUのヒートシンクの間に誇りが一杯詰まっているのでこれを取れば問題ないとのことでした。ガーンそうでしたCPUのファンは外して掃除しましたがヒートシンクをCPUから剥がして掃除はしていませんでした。シリコングリスや掃除用アルコールを買ったり手間隙考えたら500円は安いのでやってもらいました。その後でCPUに100%負荷での温度チェック等もしてくれてOKになりました。久しぶりに良い定員さんに当たりました。売らんかなであれば高いファンを売りつけたでしょうけど、課題に真正面から向き合いベストの解決策を導き出し、結果お客さんの身にもなって進めてくれた本当のプロ魂を見て清清しかったです。すっかりパソコン○房のファンになりました。

FB CONDX が続いています

引き続きFBなCONDXです。昨夕にはPJ4/SQ9CNNと30mCWでQSO出来ました。30mでは初めてのPJ4でした。今日は私にとっては12mがFBで、朝にはZF2LCとCWでQSO、夕方にはRTTYでRA2FFとVU2NKSとQSOできました。RA2FFは12mでは初めてのUA2でした。今現在の夜にはCWでC9が聞こえています。沢山の局が呼んでいるので釣竿の出番は無はなさそうなので呼んでません。このFBなCONDXが続いてくれると嬉しいのですがどうなりますか期待しない方が良さそうですね。

FH/DL7BC 10m PSK

昨晩、QSO出来ました。最近はCONDXが良いので10mのPSKを聞いていました。あわよくばQRV中のFH狙いでしたが聞こえたことがなかったので期待していませんでした。PSKでも上の方でらしき信号が聞こえましたが解読出来ずで暫く聞いていました。JAではJHのデジタルでは良く聞く局が呼んでいるのが聞こえました。少し経つと徐々にCONDXが上がり粗解読出来るようになりました。Up0.2K位を取っていたようですがEUは聞こえないので取っている周波数が分からないので呼ぶことはせず、間違いなく私より強いJHの方がQSOするのを待っていました。流石で、程なくQSOしたのでその周波数で呼ぶと応答がありました。偶然にもその時はCONDXが上りはっきりと私のコールを確認することが出来ました。全くの他力本願の小判鮫戦法でQSOすることが出来ました。FHはPSKではNewで良かったです。最近はCONDXが良くて釣竿でも遊ばせてくれます。

TZ6BB 20m CW

今朝は12mでRTTYを聞いていました。釣竿では弱くて復調出来ない信号を聞いていると交信していたWの局が送ったコールで分かりましたがZF2LCでした。ZFはデジタルでは1stなのでCONDXがUpするのを待ちましたがNGでした。そのうちJAが呼び始め数局QSOしましたが依然として私には呼べるほどには聞こえませんでした。ANTの差をしみじみと感じる朝でした。

夕方からは20mのPSKでVP2を聞いていましたがこれまた釣竿では呼べる強さになかなかないませんでした。何気にWWのクラスターを見るとTZ6BBが同じ20mのCWで挙がっていたので何となくLPで聞こえるかなとダイヤルを合わせると何とSを振って強力に聞こえました。それもCQ JAで、これは凄いパイルだろうとUp1周辺を聞いても誰も聞こえません。これなら届くかもと呼ぶと2局目に捕ってもらえました。私のQSO直後にJAのクラスターに上がりパイルとなりました。滑り込みセーフでした。朝はがっくりでしたが夕方はにっこりでした。

J6/N7QT 30m CW

今週は大風と仕事で今夕初めて聞くことが出来ました。各局のブログでCONDXが良いとあったので12mから聞き始めました。どのバンドでも強く聞こえるEI4KFとCW、RTTYでQSO出来ました。その後40mを聞くとPJ4/,J6/が弱いながらも聞こえました。しかしとても呼んでも無理だろうと呼ばずに聞いていました。そのうち30mにJ6/N7QTがWWのクラスターにUpされたので聞くとノイズ交じりでしたが聞こえました。信号はだんだん強くなりSを振ってきました。呼んでるJAは疎らでしたので取った周波数から少し離れて呼ぶと意外と早く捕ってもらえました。丁度信号が強くなったタイミングでしたので届いたみたいでした。J6は8年前に17mでQSOして以来で、まず釣竿ではもう出来ない所と思っていたので良かったです。散歩から帰ってから同じく30mでHR2/NP3J(OP JA6WFMさん)とQSO出来ました。何時も聞こえる時に呼んでいましたが届かずでしたが、やっと今日届きました。数回コールを送り直して苦労をお掛けしました。多分同じ釣竿ANTとベアフットなので今日はCONDXがVY FBだったのだと思います。

TF3PPN 20m PSK

この2日位はCONDXが上がって来ていました。でも今朝は週末なのでクラスター・CW・RTTYを避けPSKでカリブ方面狙いで7時前よりTRCをオンしました。17m、15mはあまりDXは聞こえないので20mのPSKバンドの下の方を聞きました。PSKでは信号強度はそこそこでも聞き辛いフラッター気味の信号が聞こえました。狙いのカリブかと期待しながら聞いていると、PPNが分かったので、良く出ているTF3PPNではと予測して聞いているとその通りでした。TF3PPNとは4年前にRTTYではQSOしていますがPSKでは初めてなので呼びましたが届きません。クラスターに挙がってなかったのでCQの連発でしたので数回呼びましたがNG、自局の送信モニター音が少し高音なのに気付き、ダミーに切換てパワー調整(送信音をモニターしていると2.5KHz巾のある所巾ではパワー弱くなるのが分かる=>原因は技量不足で解明できてません)して再度呼ぶと今度は何とか捕ってもらえました。TFのPSKは1stではなかったので焦りませんでしたが、何とかPSKのパワーコントロルを解明して安定させないといざ鎌倉の時に後の祭りになりそうです。でも解決する自信は今のところ全くありません。

FT-2KのDNR

私は現在TRCとしてFT-2Kを使っています。難しい性能評価は棚上げし、単に固定用200W出力で一番安かったという理由です。一応沢山機能は付いていますがCWDXではあまり使わず(使えこなせず?)でしたがDNRが効いた時の快適さに気が付きました。昨晩17mCWでJW7QIAがクラスターに挙がったので聞くと空電ノイズ交じと北回りのQSBがあり、それなりの信号の強さでしたが聞き辛い状態でした。パルス雑音向けが主のNBでは変わらず、未だ何位に効くのか不明で何も効いたことがないDNFは今日も不明、何時ものコースでDNR(パラメーターは何時もの15です)をオンすると摩訶不思議、空電ノイズが殆ど無くなり完璧なQ5になりました。いままでも何度も弱い信号のノイズを獲らんとDNRをオンしましたが肝心な目的信号は歪むか消えるかでした。この経験から察するに空電ノイズのノイズ密度が低く目的信号がノイズに対し少し強い時に効くのではないかと勝手に理解しました。説明書を読み直すとDNRはSSBでの通信ノイズを減少させるとありました。CWでは期待してはいけなかったようです。でもCWでもある条件下では効果があるのでしょう。おかげでJW7QIAと17mCWでQSO出来ました。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »