2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« FT-2000D 故障 | トップページ | J6/N7QT QSL »

FT-2000D 復帰

約1ヶ月ぶりにやっと戻ってきました。特定のバンドでの出力不足でしたが予想していたファイナルの動作不良でした。SD2931-10は安定させるのが難しいようです。A級で使ったわけでもないし、コンテストやRTTYで酷使したこともないので、ひょっとしたら助かるかもと思っていましたが駄目でした。最近知りましたが他社のも含め相当高い確立でファイナルの不良が出ているようです。本来ならリコールしでもおかしくない故障だと思いますが、データーは各社出さないので分かりませんね。同じファイナルの交換では解決しないなと思っていましたがメーカー側も同じ考えのようで新しいファイナルはVRF-150になっていました。なんとFTDX-5000と同じです。高い修理代で痛いですが、ほんの少し救われました。MRF-150は有名ですがVRFにも頑張ってもらいたいです。

リグを修理に出してる間に、ささやかにANTを整備しました。RTTY TEST用にフルデューティー可能なHT-3の調整を済ませました。20mは1.1、15m10mは1.3と使い物になりそうです。釣竿ANTは冬場用に10mのエレメントに固定し、ラジアルに7mの同軸で3本を追加しました。まだ送信していませんが経験上、40m、30m、17mの私のアパマンDXメインストリームで波が乗ると思っています。

« FT-2000D 故障 | トップページ | J6/N7QT QSL »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/298097/52972183

この記事へのトラックバック一覧です: FT-2000D 復帰:

« FT-2000D 故障 | トップページ | J6/N7QT QSL »