2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

CP4WHX 30m RTTY 40m CW

今日は月末で忙しい一日でした。朝は6時前には家を出て7時には東京の最初の目的地に着いていました。午後の会議が終わった後は誘いにも負けず即効で帰って来ました。どうしても30mか40mでCP4WHXとQSOしたい思いででした。CPは30m、40mでは最近はあまり出会えないBand Newなのと、あのVladさんなら何時も耳が大変良いので拾ってもらえると思ったからでした。この2日間位、遭遇はしましたがQSOに到らずでした。30mCWの103を聞いていましたがお出ましは無く、何とセルフスポットでRTTYに出て来ました。FT2Kの便利な点でバンドボタンを押すと3つの周波数・モードに飛ぶことが出来ます、当然CWの次にはRTTYをセットしてあるので瞬時にRTTYを聞くことが出来ました。最初はセルフスポット周波数では聞こえなかったのですが、少しして少し上でCQを出すのが聞こえました。直ぐに呼ぶとQRZ、何度呼んでもQRZばかりでコールを捕ってもらえません。RTTYの受信能力が低いこちらで100%コピーでしたので直ぐに届くと思ったのですが、何度呼んでもQRZしか帰って来ませんでした。そのうちJA8のOMさんがワンコールで、EU、UA、他のJAがワンコールで次々とQSOしていきます。オンフレだし次ぎ機会かと思っていたらやっとコールバックがありました。

夕食後には40mに標準を合わせて聞き始めると、信号はQSBがありましたが釣竿でもSを振って良く聞こえました。約1時間前から40mに出ていたようで、呼んでる局は少な目でした。耳の選択度が抜群なVladさんは、1Khz+-を拾うので、その範囲で誰も呼んでない周波数で呼ぶと拾ってもらえました。今日は30mか40mのどちらかで出来ればと思っていましたが両方QSO出来て良かったです。

9X0ZM QSL

昨年の夏場に20mのPSK、CWそして30mRTTYでQSO。OPは高木OMで各バンド・モードでFBに世界中にサービスされていました。最近、運用は終わったとのUpが支援GPの QSLmgrからありました。勝手にアパマンモードと思っているPSKのNewには燃えるのでQSOを良く覚えています。9XはPSKで214E WKDになりましたがその後Newはありません。
9x0zm

D44CF 30m CW

先週から30mでよくUpされてましたが、我が釣竿では聞こえないか聞こえても大変弱くとても呼べる強さではありませんでした。今日の夕方は大変強くSを振って聞こえて来ました。休日とも重なり大パイルになっていましたがD4の30mは初めてなので参戦することに。子一時間は無理だろうと思って、FT2Kを購入してから此の春で4年目になりますが初めてサブ受信機を同時に聞きながら、送信周波数を動かして呼びました。デジタルの200Hzに慣れているのでサブ受信のアナログで300Hz(情けないですが確かINRADの300Hzと記憶)ではブロード過ぎてなかなか0イン出来ず(SPLIT運用なので問題は無いのですが)TONE PITCHを上げたりしましたが慣れるまでかなり掛かりそうです。それでもサブを聞きながら捕ってる癖を観察して呼んでいると応答がありました。約30分間サブ受信の練習をすることが出来ました。また次の機会(当然SPLITでそれなりに強く聞こえている時)に練習してみようと思います。

6Y3M QSL

昨年の10月に15mのRTTYでQSOしました。デジタルの6Yは焦げ付いていましたが今回はQSL交換を することが出来ました。
6y3m_2

J38XX 連日のログ確認

昨晩は、一昨日と同じくJ38XXを30mCWで聞きました。一昨日より信号は強かったですが、エコー付きQSBとノイズでギリギリ呼べるかどうかの聞こえ方でした。例によってFT2Kを調整、DNRをベストにしATTをー6db、RFをかなり絞り、AFを上げて何とか呼べる状態の了解度になりました。Up1で呼んでるJAは殆どいないようなので1コール、自分のコールるが帰って来たようですが、利得の無いANTによくあるように、ここぞという時にQSBの谷になりノイズもあって分からず、応答を躊躇。少し経ってCONDXが上がって来たのでまた1コール、相手の耳は相当良いようで私のコールが帰ってきました。と言いたいのですがまたまた一昨日と同じく最後のHが確認できませんでした。でも勢いでRPTを送って、後はログ待ちとなりました。今日になって恐る恐るログを確認すると30mも無事ログインされていました。圧倒的な耳の差に愕然・感心しました。長い釣竿運用ではこうしたサービスがあってもいいかなと勝手に納得しています。

J38XX 20m CW

昨晩、20mCWでQSOできました。とは言うものの自信が無く、今朝のログを見てQSOが成立したのを確認しました。昨晩は30mCWでUpされたので聞きましたが信号の存在は分かる程度でとても呼ぶことは出来ませんでした。その内呼ぶJAも聞こえなくなったので、ひょっとすると20mにQSYしたのかと予測して、ながらワッチしていたらUSよりUpされました。聞いてみると結構強く入っていましたがLP+北回りを2で割ったような聞こえ方でQSBは短いけど深く、エコーもかかり受信性能(第3次・・・)が極端に悪いFT2Kでは厳しい状況でした。しかしあまりJAが呼んでないようなので思い切り1回だけ呼んでみたら何とコールが帰って来ました。でもどうしても最後のHが確認できず、ログ待ちになってしまいました。CWでは1st J3で良かったです。

雪と風に弱い釣竿

東京は2週続けての大雪でした。当地の府中市は東京といっても西の方で天候は八王子市や青梅市に近く気温は都心に比べると3~4度低く、今回の積雪も40cm近くありました。こうなると釣竿は出せません。また雪は低気圧の通過が影響しているので必ず風が強くなります。そうすると釣竿は気持ち悪いぐらい撓りますのでこれまた振り出せないということで無線はお休み状態が続いています。今月も半ばを過ぎましたが、まだ10局しかQSOはありません。内8局はFT5ZMですので他は2局だけです。久しぶりに通路や駐車場の雪掻きで汗を掻き、普段使わない筋肉を使ったようで体の一部が痛みます。雪国では毎日のように雪掻きをする大変さがよくわかりました。

Z81X QSL

昨年の11月に30mCWでQSOしました。OQRSでしたが同封で2011年にQSOしたOJ0Xのカードも一緒に入っていました。Z81xOj0x

FT5ZM 40m CW

最近は深夜、早朝はQRV出来ないので諦めていた40mでQSOすることが出来ました。毎朝、5時過ぎには起きるのですが家事手伝いの日課のためTRCをオンするのは6時少し前から、送迎で出かけるまでの20分位しかありません。今朝は30mでS9TFのRTTY狙いで聞きましたが出てませんでした。それではと40mの23Kを聞いてみるとFT5ZMが良く聞こえました。Up2位を捕っていたので即効で呼ぶとJA1X○○で応答がありましたが、Xコールでは良く聞くコールだったので聞いていると何回かJA1X○○と呼んでましたが、応答が無かったのでしょう。次にJA1X?が聞こえて来ましたので直ぐにワンコールするとビンゴで捕ってもらえました。根気強いOPと被せず待っていてくれたマナーの良い局の皆さんに大感謝でした。もう力自慢の局はQSO済だったのでしょうか、とても爽やかな気分になりました。

PJ5/K6NAO QSL

何時もカリブでお世話になっているNaoさんからのQSLが届きました。PJ5はカリブで出来そうな所で最後のエンティティでした。カリブで残るは3EでKP1、KP5、YV0なのですが全く聞いたことが無いので釣竿のカリブは終わったみたいです。K6nao

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »