2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« V21ZG 15m PSK | トップページ | どうしても届かない VP2V/ RTTY »

新アンテナの実験開始

ベランダに設置したアンテナでより聞こえて飛ぶアンテナはないかとググッテいたら釣竿アンテナとスクリュードライバーアンテナを組み合わせた釣竿ハイブリッドアンテナ(仮称)の評価が高いのが目に留まりました。どうもATUとスクリュードライバーの同調した時のQがスクリュードライバーの方が高いのが理由ではとの事。ともかく実際に作られて使用しての評価なので理屈はどうであれ試してみようと思いました。

3年ぐらい前の円高の頃に購入し、1ヶ月位試用しましたがベランダからのDX向きではないとお蔵入りしていたHiQのスクリュードライバーを車のトランクから出してきて仮設しました。釣竿は今のエレメント長7.5m、RFグランドはATUのを使用、あとは入力インピーダンス整合用にシャントコイルを噛ましました。取り合えずモータードライブは配線せずに同調するか遣ってみました。本体のコイル(10センチ径)は約半分入った状態でした。同調点は意外と低く3.85Mhz位でした。SWRは2位でしたのでシャントコイルのタップを移動して最良点を探ると簡単にSWRは1.0になりました。その時の給電点インピーダンスは粗50Ωとなっていました。あまりにも簡単に同調が取れてしまい気が抜けました。

どの位のバンド幅があるのかと調べるとSWR1.0が60Khz、1.5以下が110Khzと充分過ぎるほど実用になりそうです。以前は80mバンドで実用30Khz位でした。昨夕に80mではSWRが∞状態でしたが、PYの局が良く聞こえました。以前聞いた、エレメント長10mの釣竿ではカスカスでしたので、新アンテナは期待出来そうです。明日以降モータードライブを稼動させ80m、40mで試験する予定です。

« V21ZG 15m PSK | トップページ | どうしても届かない VP2V/ RTTY »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/298097/55463564

この記事へのトラックバック一覧です: 新アンテナの実験開始:

« V21ZG 15m PSK | トップページ | どうしても届かない VP2V/ RTTY »