2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« PJ7RV 20m CW | トップページ | CU2AP 17m RTTY »

ローバンド用フロートバラン

この1週間はQSOはゼロでした。風が強い日が多かったり出かけたりで釣竿ANTは引っ込めてありベランダで寝ている状態が続いています。

釣竿ハイブリッドANT(釣竿エレメント+HiQ ANT)は80mに絞ることにしました。最初は40mと80mが行けるかと思いましたが、どうもエレメントの長さを80mの効率最優先でギリギリ長く8.5m(釣竿ANT用エレメント7.5m+Hi-Q接続用エレメント1m)にするとエレメントが長すぎて40mでは完全には同調しません。4年ぶり位にベランダからの80mDXをやる気になったのでここは80m最優先で行くことにしました。前段が長くなりましたが、まずはANT直下のフロートバランを余り物バラックからまともなもの(と思われる)にしました。D無線のローバンド用ハイパワー対応のものです。80mでは脅威の性能を示しています。まだ仮止めですので写真は後日載せますが、下表がカタログのコピーです。
Low_band_cmf Low_band_cmf_2

« PJ7RV 20m CW | トップページ | CU2AP 17m RTTY »

コメント

はじめまして、JH2XQYといいます。私もアパマンハムでいつも参考に拝見させて頂いてます。ところで以前、電子ログにLOGCSWをお使いだと書いてありましたがLoTWにアップロードするのにどのように変換されてAIDFにされているのか教えて頂けないでしょうか?私もLOGCSW98を使い続けているのですが未だにLoTWに登録できずにいます。宜しくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/298097/56152843

この記事へのトラックバック一覧です: ローバンド用フロートバラン:

« PJ7RV 20m CW | トップページ | CU2AP 17m RTTY »