2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

無料ブログはココログ

« 2014年9月 | トップページ

釣竿ハイブリッドANT の運用開始

春先から気が向くままに試していた自称、釣竿ハイブリッドANT(釣竿+Hi-QスクリュードライバーANT)での運用を開始しました。最終的にエレメント長は6.5mと短くなりました。Hi-Q本体の長さを加えても7.5m弱の長さです。通常の釣竿ANTは常時上がっているので(立掛けてあるので)、80m用は夕方上げて朝降ろすこととし、取り回し優先にしました。40mでも試していましたがどうしてもデップが甘くSWRが下がらないので80m専用にしました。

ベランダから釣竿での80mDXは相当難易度が高く総QSO282局で110Eを達成してからは力が抜けて80mDXは避けていました。この春に何か効率の良いANTはないかとググッていたら、たまたまお蔵入りしていたスクリュードライバーとの組み合わせの記事がありATUとどちらが効率が良いか試したくなりました。昨日はA3と今日はKH8とQSOした感じや、昨晩、75mで聞こえたHPのSSB、今朝のグレーラインを過ぎたEUを聞いた感じではエレメント長10mの釣竿+ATUよりも少し良く聞こえるような感じです。最近は早朝にはQRV出来ないのでウラル山脈越えは一段と難しいかもしれませんがシーズンに数回は会えそうなビッグオープン時に私にとっては感激のウラル山脈超えをと期待しています。

FT4TA 15m RTTY

昨晩、何とかQSOすることが出来ました。彼此1時間半位、間引きで呼んでいました。私のQSOの後には呼んでいるJAは殆ど聞こえませんでしたので、定位置のJAでは最後尾のようでした。釣竿と140Wでは何時ものことなので、無理せず、焦らず、諦めず、のスタンスで気楽に構えていたのが良かったようです。念願のCWとデジタルでQSOできほっとしています。

偶然 FT4TA 17m CW

超偶然にQSO出来ていました。昨晩の19時頃から17mのCWを聞いていました。だんだんと釣竿でも聞こえて来ましたがとても無理な気配で早々に諦めモードになりました。でもWWのスポットにも挙がってないしチャンスではと聞いてはいました。JAのビッグガンは軽々QSOしていました。20時頃に突然聞こえなくなったので、休日の家事手伝いであるゴミ出しのため無線機を離れました。10数分後に戻ってきて聞いてみると、何とSを振って強力に聞こえていました。この強さであれば釣竿でも完全に届くはずと直ぐに参戦、サブ受信機で拾っている周波数を確認しながらほんの少しづらして呼んでいたら直ぐに応答がありました。ここまではやったーと良かったのですが、何時まで経っても自分のコールを打ちません、且つSはメーターをガンガン振って強く、その内JAからNO NOとパイレートだとのコール、そして止めは数分後に突然聞こえなくなりました。一度もFT4TAのコールを聞かずに終わったことになりました。当然これはパイレートだと信じて疑いませんでした。

今朝になってもログを確認することさえ忘れていました。明日から3日は仕事なのでQSOの可能性のある時間とバンドは何処かとFT4TAのログのJAとのパスを見ていました。その内ふと思い出し、全く期待しないで自分のコールを入れると、なんとQSO出来ていました。こんなことがあるのでしょうか、長いこと釣竿で苦労しているので誰かがプレゼントしてくれたみたいです。

« 2014年9月 | トップページ